« 連帯するということについて | トップページ | 本当の自分などというものはないということについての戯論 »

アスペの皮肉骨髄

皮とは、ソーシャルスキルであり、表面的な礼である
肉とは、社会的な関係のイメージであり、直感的な予測・反応である
骨とは、論理的な思考であり、そのための知識の体系である
髄とは、自分自身の価値観であり、何を大切と考えるかということである。

|

« 連帯するということについて | トップページ | 本当の自分などというものはないということについての戯論 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アスペの皮肉骨髄:

« 連帯するということについて | トップページ | 本当の自分などというものはないということについての戯論 »